愛知祝祭管弦楽団

 2005年、愛知万博祝祭管弦楽団として演奏会を実施したメンバーで設立。2006年、「マーラープロジェクト名古屋」として合唱団と共催での演奏会を皮切りに、ワーグナー・マーラーの楽曲に取り組む。ワーグナー生誕200年の2013年に、アマチュアにして稀有な取り組みである「パルジファル」全幕公演を成し遂げ、2013年9月 名称を「愛知祝祭管弦楽団」と改称し、定期的な演奏会実施を目指す。

 名称の由来は、当オーケストラの発足時の「愛知万博祝祭管弦楽団」にちなみ、祝賀的かつ祝祭的なイメージの中で熱狂の渦の中にホール全体を飲み込める音楽をしたい、との想いから名付けられた。
 「愛知」は単に地名だけではなく、アマチュアの語源である「愛」、音楽に打ち込むのに最も必要な「愛」、パルジファルのテーマであった「愛・信仰・希望?」の「愛」、その「愛」を知る、という意味も込められている。

 東海地区を中心としたベテランアマチュア奏者で構成され、既存のオーケストラでは実現不能と思われる企画・演奏曲に取り組み、高い芸術性と、希少性、そしてアマチュアならではの愛と情熱に溢れた魂のこもった演奏会に取り組むことにより、アマチュアの可能性に挑戦し続け、東海地区の音楽文化の向上に草の根から貢献していくことを目的としている。

 

 2013年8月の「パルジファル」公演では、ワーグナープロジェクト名古屋実行委員会として、第9回名古屋音楽ペンクラブ賞を受賞。


愛知万博祝祭管弦楽団 として発足
2005年7月17日

愛知県芸術劇場コンサートホール

愛・地球博パートナーシップ事業
愛知万博祝祭管弦楽団 スペシャルコンサート

マーラ一 交響曲第5番
モーツアルト ヴァイオリン協奏曲第5番

                   「トルコ風」
指揮 草川幸雄 ヴァイオリン 清水里佳子

マーラープロジェクト名古屋管弦楽団 に改称
2006年10月8日 名古屋市民会館大ホール
マーラープロジェクト名古屋「大地の歌」演奏会

マーラー 交響曲「大地の歌」    
ワーグナ一 楽劇 「ニュルンベルグのマイスタージンガー」抜粋     

指揮 三澤洋史 ヴァルター 高橋淳  

ザックス 初鹿野剛

 

大地の歌テノール 高橋淳 アルト 三輪陽子 
合唱 モーツァルト200合唱団

2010年8月29日 愛知県芸術劇場コンサートホール

マーラープロジェクト名古屋管弦楽団演奏会

マーラー 交響曲第4番    
ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」から抜粋(70分)     
指揮 三澤洋史 マーラーソリスト 並河寿美

トリスタン 成田勝美  イゾルデ 並河寿美 クルヴェナール 初鹿野剛
ブランゲーネ 三輪陽子
合唱 モーツアルト200合唱団

ワーグナープロジェクト名古屋管弦楽団に改称
2013年8月25日 

愛知県芸術劇場コンサートホール

芸術文化振興基金助成事業
あいちトリエンナーレ2013パートナーシップ事業ワーグナープロジェクト名古屋管弦楽団
ワーグナー  舞台神聖祝祭劇 「パルジファル」全3幕

コンサートオペラ・名古屋地区初演
指揮 三澤洋史
パルジファル 片寄 純也 アンフォルタス 初鹿野 剛 

グルネマンツ 長谷川 顕 クンドリ 清水 華澄 クリングゾル 大森 いちえい ティトレル 大森 いちえい 聖杯騎士1 堀内 大輝 聖杯騎士2 滝沢 博 小姓1 上井 雅子 小姓2 三輪陽子 小姓3 大久保 亮 小姓4 神田 豊壽
花の乙女1-1 基村 昌代 花の乙女1-2 杉浦 愛美 花の乙女1-3 加藤 愛
花の乙女2-1 大須賀 園枝 花の乙女2-2 船越 亜弥 花の乙女2-3 三輪 陽子
アルトの声 三輪 陽子
演出構成 佐藤美晴 舞台監督 礒田 有香 字幕 アルゴン社 

字幕制作 吉田真   合唱 モーツァルト200合唱団

愛知祝祭管弦楽団に改称 

福島 章恭ブルックナープロジェクト vol.1

2014年10月26日(日) 愛知県芸術劇場コンサートホール

ワーグナー 楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲(1幕の導入つき)
バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
ブルックナー 交響曲第8番(ハース版)
指揮 福島 章恭
ヴァイオリン 古井麻美子 清水里佳子

合唱 愛知祝祭合唱団

オルガン 中村詩穂

愛知祝祭管弦楽団 

「嘆きの歌」2015 特別演奏会

 2015年7月26日(日)

愛知県芸術劇場コンサートホール


グスタフ・マーラー

 カンタータ「嘆きの歌」(1880年初稿版)

 交響詩「葬礼」

  花の章

 指揮 三澤洋史
 合唱 グリーン・エコー
 ソプラノ 基村昌代 アルト 三輪陽子 

 テノール 神田豊壽 バリトン 能勢健司

 ボーイソプラノ 前川依子   ボーイアルト 船越亜弥

マーラー・フェステヴァル・オーケストラ・ジャパン

(愛知祝祭管弦楽団が基幹となった団体)

ウィーン・ムジークフェライン公演

2015年9月22日(火)

ウィーン・楽友協会グローバーザール(黄金のホール)


グスタフ・マーラー

 交響曲第2番ハ短調「復活」

 指揮 三澤洋史

 ソプラノ Kikuko Yazaemon Teshima

 アルト 三輪陽子

 合唱 マーラー・フェステヴァル合唱団

協力 合同会社c-pro

愛知祝祭管弦楽団 2016-2019「ニーベルングの指環」4部作 序夜「ラインの黄金」

 

2016年9月11日(日)

愛知県芸術劇場コンサートホール

 

指揮 三澤洋史
演出構成 佐藤美晴

 

ヴォータン 青山貴
アルベリヒ 大森いちえい
ローゲ 升島唯博 ファーゾルト 長谷川顕 ファーフナー 松下雅人 ミーメ 神田豊壽 フリッカ 相可佐代子
エルダ 三輪陽子 フライア 金原聡子 フロー 大久保亮 ドンナー 滝沢博
ヴォークリンデ 大須賀園枝 ヴェルグンデ 船越亜弥 フロースヒルデ 加藤愛

管弦楽 愛知祝祭管弦楽団

舞台監督:礒田有香
字幕:吉田真
企画・主催:愛知祝祭管弦楽団
後援:愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会、
公益財団法人愛知県文化振興事業団、日本ワーグナー協会