愛知祝祭管弦楽団 2016-2019「ニーベルングの指環」4部作

 序夜「ラインの黄金」

 ワーグナー生誕200年となる2013年、名古屋で舞台神聖祝祭劇「パルジファル」全3幕の公演を実現した愛知祝祭管弦楽団。各方面でご好評をいただき、2016年からは、いよいよ「ニーベルングの指環」4部作の全幕公演がスタートします!

  「パルジファル」公演のコンセプトを継承し、ステージ上のオーケストラ後部に小高い舞台を配置。コンサートホールの素晴しい音響を活かしながらも、ストーリーに入り込めるように日本語字幕・照明・演出を取り入れ、「コンサートホール」ながら「オペラ」を体感できる舞台を創ります。


一作品の準備に1年ずつ、合計4年間の歳月をかけ、熱い思いでお届けします。

詳細情報

ワーグナー 序夜と3日間のための祝祭劇「ニーベルングの指環」から

楽劇「ラインの黄金」全1幕 (コンサートオペラ・日本語字幕付き)

 

平成28年9月11日(日)午後4時開演(午後3時15分開場)
愛知県芸術劇場コンサートホール

入場料 全席指定 3,000円

※上演時間 約2時間30分 途中休憩はございません。

※未就学児入場不可

チケットのお求めはこちらをご覧ください。

 

指揮

三澤洋史

演出構成

佐藤美晴


ヴォータン

青山貴

アルベリヒ

大森いちえい


ローゲ

升島唯博

ファーゾルト

長谷川顕


ファーフナー

松下雅人

ミーメ

神田豊壽


フリッカ

相可佐代子

エルダ

三輪陽子


フライア

金原聡子

フロー

大久保亮


ドンナー

滝沢博

ヴォークリンデ

大須賀園枝


ヴェルグンデ

船越亜弥

フロースヒルデ

加藤愛


管弦楽 愛知祝祭管弦楽団

舞台監督:磯田有香
字幕:吉田真
企画・主催:愛知祝祭管弦楽団
後援:愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会、

公益財団法人愛知県文化振興事業団、日本ワーグナー協会